痛んでしまったカラーベストの屋根です。

ある特定の時期の製品にみられる特徴ですが、表面がはがれてしまい塗装もできない状態です。

このような状態になると、葺き替える必要がありますが、上から板金を被せることで既存屋根材の処分代を抑え、工事期間も短縮できるカバー工法で工事させていただきました。

痛んでしまったカラーベスト痛みの激しいカラーベストの屋根です。
この状態になってしまうと、塗装をしても直ぐに剥がれてしまうので
葺き替え工事をお勧めします。
カバー工法なら、既存屋根材をめくらなくても工事できるので処分代を抑えることが出来ます。
カバー工法のルーフィング張り既存屋根材の上からルーフィングを張り、板金を葺き始めます。
この製品は横暖ルーフSという製品ですが、板金の裏に断熱材が付いているので
暑さ対策にもなり、雨音も軽減されます。
樹脂製の貫板で棟板金工事棟の下地には樹脂製の貫板を使います。
樹脂製なので腐る心配がほとんどないので、長い年数が経っても風で飛んでしまうのを防ぐことが出来ます。
カバー工法で屋根の葺き替え工事工事完了です。見違えるように綺麗になりました。
ガルバリウム鋼板なので、大変さびにくく、丈夫なのでメンテナンスも必要最小限に抑えることが出来ます。

お気軽にお問い合わせください。0586-78-8879受付時間 8:00-20:00 [ 日曜日除く ]

お問い合わせ