瓦屋根は地震に弱い?


阪神・淡路大震災の直後、家が倒れたのは重い瓦のせいだ、って頻繁に言われましたが、
本当にそうなのでしょうか?

最近では、瓦のせいだけじゃない、って言われてます。
まず、家の構造そのものが地震に弱かった。その弱い構造体の上に瓦が載せてあったので、
多数の家が倒れてしまい、結果的に屋根が重かったのが原因だ!と決め付けられてしまったという訳です。

更に、関西地方では土葺き工法が主流でした。
土葺き工法は引っ掛け葺き工法に比べ、土(ドロ)の分だけ更に重たくなってしまいます。
もちろん、土葺き工法にはメリットもありますが、地震に関してだけ言えば、重さは不利です。

家の構造が弱かったことに加え、重い瓦が載っていたのも要因となり、結果的に大惨事を招いてしまったわけです。

ですから、安易に瓦のせいだけにしないでください。

最近の施工基準を満たしていれば、瓦屋根であっても倒れる心配は無いといえます。
地震対策をするなら、まず柱などの構造を強化するのが先です。
柱は太く(細くなければOK)、筋交いは多めに、それぞれが金具で固定されていれば安心です。


なお、家屋補強工事でも悪徳業者の話を聞きますのでご注意ください。


前へ  |  TOPへ | 次へ


   問い合わせ

屋根の修理、瓦のリフォームなら北野瓦店へ
    〒491-0141 一宮市浅井町黒岩字郷西37-1 
電話 0586-78-8879

E-mail info@kitano-kawara.com