拝殿工事(土葺き工法)


まず始めに割り付けをして、掛瓦を納めました。
この掛瓦は本掛と呼ばれる物で、まず敷平、次に唐草掛瓦、
最後に二の平瓦を納めます。
今度はその上に掛巴(かけどもえ)を納め、蟹面戸(かにめんど)を取り付けます。
全ての瓦を銅線で縛る為、屋根に銅線を取り付ける作業だけでも時間がかかります
写真は掛巴を2本取り付けた写真です。
写真は掛瓦を大体取り付け、軒瓦を葺いた写真です。
更に平瓦を一列葺いてあります。
桟瓦を葺いています。土葺き工法なので土を置きます。
それからまっすぐ葺くために糸(くさり)を張ります。
そして瓦のネジレに注意しながら瓦の横の線、高さに注意しながら
葺いていきます。
そうすると雁足(がんあし)も揃います。
雁足とは斜めに見える瓦の角を結んだ線の事です。
写真では上の方に見えています。
刀根丸(外側の筒)、袖丸(内側の筒)を付け鬼瓦を据えました。
写真で見ると小さく見えますが実際は大きく、3つに分かれています。
二人がかりで据えました。
他には獅子、降り鬼を据えました
大棟(おおむね)をやっています。
写真では見えませんが、まず枕熨斗(まくらのし)、その上にイラカ、
そして熨斗瓦(のしがわら)を葺きました。
この状態になるとまたぐのが大変になってきます。
棟を縛る為の銅線をここで挟みます。
この上に熨斗瓦を積み、最後に冠(かんむり)をかぶせます。
大棟も終わり、降り棟を施工してます。降り棟の鬼瓦には
降り棟全体の荷重がかかる為、堅結に特に注意しなければ
なりません。銅線が切れて下の地面に落ちたら大変な事に
なってしまいます。
写真は台熨斗(だいのし)を葺いてあります。
台土(だいつち)の下には雨が侵入しても良い様に瓦の破片
を敷き詰め、水の通り道が作ってあります。
大棟、降り棟を銅線で縛り、台風で瓦が飛んでしまわない
様にします。
また、筒瓦や掛巴も縛り直します。
最後に、掃除をして完成です。

 


前のページへ | TOPへ